スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

自作カルシウムリアクターその6 施工編


その6にして,やっと施工編!

動機編 反応原理編 構造原理編 基本設計編 実施設計,積算編 で今回の施工編 その後予定で,CO2器具編 変更設計編 ・・・ などなど超大作!

ちょと言うのを忘れていたのですが,
今回のカルシウムリアクター自作で参考にさせていただいたホームページの紹介を。

まずは,サンタマルターエイジさんの「1.023world」と,だにさんの「ROOM210

これは基本,当然押さえます。

そしてから,当ブログでお世話になっている,たらふくさんの「厳寒の北海道で南の海をめざし悪戦苦闘中!」 と そのたらふくさんが参考にしてらっしゃった,サクンバさんの「My Aquarium Style」。

お二人とも自作リアクターでカテゴライズされていて,写真つきでバッチリ説明されてますんで,かなり参考になります。




以上のサイトをご覧になってください。 施工編は 以上です (爆)


偉大な先輩方のおかげです。ありがとうございますm(__)m



って言っても始まらないので,おさらいも含めて行きますか。

結構はしょるかもですので,上記4サイトが頭に入ってる前提で話を進めます。

といいつつ,結構いっぱい書いてしまったので,本気で作る人はじっくり見てもらって,そうじゃない人はスルーしてね。

○まずは使った工具
PA140207.jpg電気ドリルとビット(写真:Φ4.8mmとΦ18mm),塩ビ切断用のノコ。   こんだけ。

Φ4.8mmビットはセットで800円
Φ18mmビットは1600円


前回の設計図を見ながら・・・・・
futasettyaku.jpg
○DS65(継ぎ手)とネジ式キャップ(掃除口)の接続
普通に接着してくださいw 
(※)塩ビの接続は,塩ビ用接着剤そのものの固化により接着されるわけではなく,それぞれの部材を溶かして,部材同士を融合させる感じです。ですので塩ビ容接着剤をたっぷり塗る必要はなく,オス,メス両部材の接着面全面に均一に塗って確実に溶かしてからムニュッと押し込んでください。

eatyuubujyointo.jpg

○エアチューブジョイントの接続

4.8mmのビットにより塩ビ資材に穴をあけ,吸水,吸CO2,排水用のエアチューブジョイントを差し込みます。
P9230289.jpg4.8mmだと結構狭く,固くて手で押し込むのは厳しいと思うかもしれません。
しかし塩ビと,エアチューブジョイントの両方にしっかり,塩ビ用接着剤を塗り,両部材を確実に溶かしてから(※),ムニュっと押し込めばしっかり溶着されます。

P9260336.jpg当然,フタ裏の出っ張りはエアーが溜まらないようにフラットに。
フタ裏がでこぼこのフタの場合は1mmの塩ビ板(またはサンデーPET)を丸く切って貼り合わせるなどして,エアーが溜まらない構造に。その上で,5mmプラ管をエアチューブジョイント代わりに使ってください。

P9240300.jpg吸水,吸CO2部はこんな感じ。


18faianaake.jpg
○DS65とネジ式キャップに穴をあけ,VP13を接続

VP13tugite.jpgこの伸縮継ぎ手を切断して,2つの塩ビ脱着可能なジョイントを作るのが常ですが,,,
これだと何mmの穴を開けていいのかわかりません。
ノギスも持ってないし。
なので,VP13+プレハブジョイントで代用。
これだとVP13の外径は丁度18mm。


ポンプとの高さ位置等を正確にあわせて印をつけて,18mmのビットで穴あけ。
VP13と穴の両方に塩ビ用接着剤をぬって接着。
P9240293.jpg綺麗にでけた^^
私の場合これでも漏れはありませんが,
溶着(※)ではないので心配な方は,もうちょいパイプを出っ張らせて,接合部を弾性接着剤で覆えば漏水対策は完璧と思います。
ただし後ほどスノコ等をパイプの中に入れるので,その邪魔にならないよう順番に気をつけて。


akurirusettyaku.jpg
○アクリル管とDS65(継ぎ手)を接着

一番緊張したかも。

VP65は外径76mm 今回用意したアクリルパイプは75mm よって1mm分だけぶかぶかです。

なので,塩ビ接着剤は使えません。

なぜか76mmアクリルパイプは売っていませんでした。
出来れば塩ビの外径とぴったりのアクリル管を用意しましょう。
ぴったりの径だと,塩ビ接着剤ベタ塗りでいけると思います。


P9240306.jpgまず,この1mmの差を埋めるのは,シールテープ
アクリル管の上端,下端で
2列にそれぞれ7周巻きました。


P9240304.jpgまずは上端部の接続。

上端部は「押し出す圧力(正圧)」なので内側に弾性接着剤をぬって,後は押し込む!!
シールテープ7周となると,普通に手では押し込めません。
アクリルパイプを支えにするような格好で,全体重をかけて無理やり押し込みました。
こんだけ無理やりな力を加えるので,管厚は2mmとかに薄めずに素直に3mmを購入したほうがいと思います。
P9240307.jpg結果,こんな感じ。
P9240318.jpgさらに念のため,接合部に弾性接着剤をもりもりにしときました。

こんだけやりゃ漏れないでしょ。


P9240311.jpg次は下端部の接続。

同じようにシールテープを巻いて,押し込む。
ただし,下端部は「吸い込む圧力(負圧)」なので外側の接合部に弾性接着剤を軽く塗る程度。
弾性接着剤はシリコンみたいに綺麗にはがせるので,これならまた外せます。


sunoko.jpg
○スノコ
P92901521.jpgサンデーPET1mm(または塩ビ板1mm)をハサミで切って塩ビ接着剤で3枚張り合わせて,適当に穴あけ。

この穴の加減により抵抗が増減し,吸排水圧が変わります。
穴が多く抵抗が少ないほど弱く,穴が少なくて抵抗が大きい方が強い。
なので,気持ち少なめに穴を開けて,後ほど調節したほうがよいとおもう。

支えはVP16。メディアの荷重に耐えたら何でもよし。

matt.jpg
○適当なマット
P9290149.jpg外部か上部フィルタ用の余り×2枚。
ウールマットでもいけると思います。
メディアが溶けた破片,カスが通過しなければOK

スノコの穴+このマットにて吸排水圧を調節できまう。
もっとも僕の場合,すんなり調節無しにいけましたので,そんなにシビアに気にする必要は無いと思います。


ennbisetuzoku.jpg
○塩ビ管VP13同士の接合

右の模式図を順番に。
PA130206.jpgプレハブジョイント*2箇所
普通に接着して,こんな感じに脱着できます。

P92403j08.jpgホース接続,エルボ接続
ホースは適当にシールテープ巻いてリリースタイやホースバンドで止める。これで漏れは無いです。

maxisetuzoku.jpg
○マキシジェットと塩ビ管VP13の接続

DSC001W021.jpgもう一度マキシジェットMJ1000の寸法を確認。
MJ750以下はまたサイズが違いますので,MJ1000限定です。
MJ1000   吐水外径12.6mm 吸水外径18.9mm
塩ビVP13     内径13.0mm   外形18.0mm
かなり近い値。これくらいならホースでカバーできます。

P924031o0.jpg吸水部。
塩ビ外径18mm マキシ外径18.9mm
なので普通にシールテープ+ホース+ホースバンドでいけます。


P9240294.jpg吐水部。
VP13+エーハイムパイプ+エーハイムホース+マキシ吐水
マキシの外径12.6mm エーハイムパイプの外径13.0mm
これをエーハイムホースでつなぎます。

まずエーハイムパイプと塩ビ管VP13の接続
エーハイムパイプ外径13mm 塩ビ管VP13の内径13mm 
なのでこの写真のようにぴったり! 塩ビとエーハパイプに塩ビ用接着剤を塗り,差すだけ。
3cm程の定着長をみときました。

P925s0325.jpg後は,エーハイムパイプと,マキシの吐水口をエーハイムホース(内径12mm外形16mm)でつなぐだけ。
シールテープもホースバンドも無しでokでした。

エーハイムホース,パイプともサイズに3種類あるので注意。
真ん中のサイズ(12/16Φ)です。




こんだけ。 以上で全作業です。

以上の説明と設計図でプレハブジョイントは別に必要ありません。
ホース接続部でポンプの脱着が可能だから。

ホース接続は縦,横2箇所はあったほうがいい。
硬い資材だけで位置をぴったり合わすのは素人では難しいので,フレキシブルな要素が必要です。

時間は材料さえそろってれば,1日ありゃ充分。

後はエアチューブをつないで,,,


P92440308.jpgやと完成! ブログが(笑)

(CO2器具は,次回以降CO2器具編でup予定)

H : 45cm
W : 23cm
D : 9cm
Wはもうちょい縮小可能 

何個か失敗談,変更があります(変更設計編)。次回UPしたらここにリンクを張りますので。






・・・まだ残ってた。。

○マキシリアクターの能力(吸水圧)について
P9259870319.jpg
ポンプと吸水面との高低差45cmでこれだけの排水(=吸水)量

リアクターの位置を上げていき,高低差80cmで排水できなくなりました。
(ゆうてもそんだけの圧です。)

水平距離は1m程度では全然影響なし。(高低差は0m)

充分,外部式として機能する吸排水能です。 




(注)上記の写真で10分ほど漏水テストを行ったところ,漏れはありませんでした。
しかし,私は内部式で現在利用しているので,僅かな漏れには気付けない状況です。長期間連続使用で漏れが有るか無いかは解りません(爆) 外部式で使用される方は,タッパー内で使用するなど慎重に・・・

また,このリアクターはスノコ等の抵抗からくる負圧を吸水力として利用してます。吸水を別ポンプからの分岐から行う場合,大変な圧がかかるそうです。その場合は・・・・もつかもたないか・・・だれか試してくださいw



以上です。  秋の夜長にこつこつ書きました。

いつか誰かのリアクター自作の参考なったらええな~ 


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚    ジャンル : ペット
2007_10_14

Comments

 

ホント、死ぬほどお疲れ様でしたm(__)m
こんだけの写真張るのにも、どんだけ時間かかった事か....。

これは後にリアクター作る方々のバイブルになりますよ!
私もだにさんとエイジさんのHPは隅々まで見てます(^^

しかし、これ読み終わった後、予期せず頬を伝う熱い物が....。
「umeさん、あんた男だよ、やり切ったよ!」って(T-T)

実は私、短いblog歴の中でも すでにいくつか「この件については後日」
って言いながら、葬り去ったネタもいくつか...。

でも、鳥羽水ネタだけは近日中には何とかしたいと思ってます(^^;

いやはや、大作お疲れ様でしたヾ(^∀^)
トミー  URL   2007-10-14 21:14  

 

ご苦労様!
さぁ、これでドシドシミドリイシが飼えちゃいますね^^!
たらふく  URL   2007-10-14 23:08  

 

これなら絶対誰かが真似しても作れますよ!
すんばらしいです。確かにそこまですれば漏れはないでしょうね。
ですが強制通水は負荷をかけすぎるとありえないところから漏れ出します。
しかも元に戻すとそこからは何もなかったかのようにもれないのですから、すさまじい圧なんでしょうね^^;
本当にご苦労様でした。
かちゃやん  URL   2007-10-14 23:09  

 

お疲れさまです。
受け継がれていきますよ、絶対に!!
ユウジ  URL   2007-10-15 00:52  

 

ご苦労さまでした。
このブログは絶対に残っていくと思いますよ!!

この情熱を彼女にも・・・・・。(これは言わない方が良いですね。)
自分も嫁に良く言われますから。
 URL   2007-10-15 09:39  

 

あいかわらず、すばらしいです。
ブログ書くほうが、作るより大変なんじゃないかと思うほどです。
次作もがんばってくださいね。
応援してます。
まーつ  URL   2007-10-15 19:50  

 

to トミーさん
ううっ(つд`) トミーつぁん,ありがとん!
しかし泣くのは早いよ・・・このリアクターは壮大なサンゴ計画の第一歩に過ぎないのだから!
フォトショで写真いじってるときって何も考えなくていいから時間たつのも早くて,苦にならないんですよね。
そーいや,僕もインスタントオーシャン話お蔵入りしてしまいました。塩は・・・換えました!

to たらふくさん
そーなんですよ!準備万端なのです。
最近はトップラッシュさんのミドリイシを毎日物色してま~す。
本場のミドリイシは高級ですね~・・・・あとはMONEYのみ!

to かちゃやんさん
自然循環式の圧ってあんまですもんね!作って初めて気が付いたけど。
僕のリアクタでは,強制通水だと,ホース接続から真っ先に漏れそうです。
最近,CO2再利用シスのためかどうだか,結構排水安定してきましたよ!

to ユウジさん
そうなると嬉しいですね! 
頑張った甲斐あって,最近のアクセス解析ワードはカルシウムリアクター 自作がトップです。
ちょっとSEOを意識しみました。発見されなければ意味ないですもんね。yahoo,googleで結構上位です。
作戦通り^m^

to #-さん
どなたでしょ? YAMATOさんでしょうか? 違ってたらごめんなさい。
この情熱を嫁さんに・・・・だったら今頃,できちゃった婚ぐらいでは済まないですね~(ノ∀`*)
僕には既にあきれたらしく,文句も言いません。いい彼女だ (*´I`*)ポョ

to まーつさん
実際,リアクター編のブログ作ってるほうが数倍時間かかってますね~^^;
自作はなんだろう?メタハラはわからんし・・・・やっぱ先輩方は偉大だ!

umeoct1  URL   2007-10-15 21:42  

 

あれ?一番の感心ごとでしたCO2再利用システムってどこかで紹介してくれてます?
真似したいので教えてくださいm(_ _)m
かちゃやん  URL   2007-10-15 23:36  

 

to かちゃやんさん
次次回変更設計編にて! ただし,効いてる気がしてるだけで実際はわかりませんよ~。めっちゃ単純な発想ですから,期待はずれかも^^
umeoct1  URL   2007-10-15 23:46  

 

凄いという言葉だけで終わらせていいのか・・・^^;
てか、頑張りすぎです!w
ここまでやったらどっかのメーカーから苦情の電話が来ますよ!w
写真の貼り付けもちゃんと構造図も分かりやすくつけてあるし・・・
カルシウムリアクター作成の中でも最強のブログになりますよ!!
sun  URL   2007-10-16 11:46  

 

to sunさん
最強!? いや~ん(*∀`*)ゞ
確かに頑張りすぎた!
何がそうさせたのかと今思う・・・・金欠なので家でおとなしくしてたから。。。
umeoct1  URL   2007-10-16 22:00  

 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

umeoct0

Author:umeoct0

滋賀県在住 26歳男児

熱帯魚歴,中3から
海水魚歴,高2から

POQUE

ブログ内検索

タンクメイト

タンクメイト

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。